ラバーダムを使った治療って痛いの?

2016.12.7

根管治療を成功させるために欠かせないといわれるラバーダムを使った治療法。

ラバーダムといわれても「何のこと?」と疑問に思っている人も多いでしょう。なんとなく分かったけれど、実際、つけている患者の身になってみると、どんな感じなのか、痛くないのか、苦しくはないのか、など、色々なことが気になりますよね。

そこで、今回は、ラバーダム装着時の痛みや息苦しさがあるのかどうかを知っておきましょう。

ラバーダムを装着する根管治療とは?

根管治療に限らず、ラバーダムは、歯の治療を成功させやすいといわれています。その大きな理由が、治療する部位への細菌感染が減ることです。

このラバーダムとは、ゴムのシートのことをいいます。マスクのように患者さんの口の上を覆い、治療する歯の部分に穴をあけ、その治療部分だけを露出させた状態で治療する方法です。

その露出させた歯は、「クランプ」という金具で固定するので、治療中、ずれる心配もあります。

このようにラバーダムを装着した状態にすることによって、唾液などを介して細菌が治療部位に入ってくるリスクを極力減らすことができます。

ラバーダムをつけているとき痛くないの?

このラバーダムは、患者さんの立場からすれば、どんな感じか気になりますよね。基本的に、ラバーダムをつけるときは、上手につければ、痛みはありません。

根管治療中、神経を除去する場合は麻酔を行うので、麻酔がきいていれば、もし痛みがあっても気にならないでしょう。ただし、再治療などの場合は麻酔はない場合があります。もしラバーダム治療中に痛みがある場合は、遠慮なく歯科医師に申し出ましょう。

ラバーダムを使った根管治療は成功確率が上がる!

ラバーダムを使うと、初めて行う治療の場合(つまり再治療でない場合)、根管治療が成功確率は90%ほどに上がるといわれています。

防湿状態、つまり、唾液による影響のない乾燥した状態で治療を行うことで、歯を清潔に保ったまま治療ができるのです。

このように、感染のリスクが少なく、成功率が上がるラバーダム保湿を使用した根管治療は、確実に治療したい人にとってはありがたいものといえます。ラバーダム防湿は、基本的に痛みを感じることはありませんが、麻酔がない治療時には、多少痛みを感じることはあるようです。痛みを感じても、歯科医師に速やかに申し出ることで、何かしらの対処を行ってくれるはずです。必要以上に我慢せず、遠慮なく申し出ましょう。



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。当院では、根の治療(根管治療)には、必ずラバーダムを使用いたします。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療