歯茎が下がっているように感じる

以前よりも歯茎が下がっているように感じることはありませんか?歯茎が下がっている場合、主に下記の原因が考えられます。

・歯ぎしり

歯茎が歯ぎしりや食いしばりによって、歯に過度な力がかかり歯茎が下がる原因となっている場合があります。歯ぎしりはマウスピース、矯正治療ボトックス注射が有効です。

歯を失う原因の約11%が、歯が割れることです。寿命が長くなった分、歯にかかる過重負荷にも十分注意をしないと、虫歯や歯周病でなくても歯を失ってしまいます。
強すぎるかみ合わせの力を緩めて、歯が割れて喪失することを防ぐためにも、ボトックス治療は有効です。

不適切な歯磨き

歯磨きは毎日欠かせないことですが、正しい歯の磨き方を教わることが少ないため、なかなか正しい歯磨きが出来ていない方が多くみられます。不適切な歯磨きが歯茎が下がる原因となる場合があります。
不適切な歯磨きが原因の場合は、歯磨きレッスンにより歯磨き習慣の改善を行います。

神谷町デンタルクリニックでは、再発リスクをより低減するために、根管治療をお受けになる方には歯磨きトレーニングもお受けいただくようになりました。
自分の歯を守れるのは自分自身なのでぜひこの機会に正しい歯磨きの仕方を習得してみてください。


神谷町デンタルクリニックにご相談ください

神谷町デンタルクリニックでは、早く確実に治したい方や、いままで何度も再発してなかなか治らなかった方の為にマイクロスコープとCADを使った短期集中治療に特化した歯科治療をご提案しております。

歯は、気になる症状が治まっても、治ってるわけではありません。
特に、根管治療の場合は、再発を繰り返せば繰り返すほど、治りが悪くなってしまいます。残念ながら、日本の保険治療と同等レベルの治療の場合、根管治療は8割が再発すると言われています。

虫歯や歯周病、かみあわせなどのお口に関する悩みがある方、いままでの歯科治療が適切だったか知りたい方、セカンドオピニオンが欲しい方、ご自分にとっての最善の治療方法を見つけたい方、現在の口腔内状態を正しく把握したい方はぜひ初診相談をお試しください。