冷たい飲み物や食べ物が歯にしみる

冷たい飲み物を飲んだり、アイスなど冷たい食べ物を食べたときに歯がしみる症状がある場合、主に下記の原因が考えられます。

・虫歯の初期症状

虫歯の初期症状の1つに冷たいものが歯にしみる、という症状がみられます。
また、以前治療した虫歯の治療で金属を使用した場合、金属は熱伝導性がよいため、治療後もしみる可能性があるのでセレックがおすすめです。

・歯肉が下がって知覚過敏になっている

歯の周りの組織がすり減り、歯茎が下がった状態だと冷たいものがしみる症状がみられます。
噛み締めや歯ぎしりが原因となっている場合はマウスピースを作製します。歯の根元まで露出している状態の場合はCR(コンポジットレジン)充填治療を行います。


神谷町デンタルクリニックにご相談ください

神谷町デンタルクリニックでは、早く確実に治したい方や、いままで何度も再発してなかなか治らなかった方の為にマイクロスコープとCADを使った短期集中治療に特化した歯科治療をご提案しております。

歯は、気になる症状が治まっても、治ってるわけではありません。
特に、根管治療の場合は、再発を繰り返せば繰り返すほど、治りが悪くなってしまいます。残念ながら、日本の保険治療と同等レベルの治療の場合、根管治療は8割が再発すると言われています。

虫歯や歯周病、かみあわせなどのお口に関する悩みがある方、いままでの歯科治療が適切だったか知りたい方、セカンドオピニオンが欲しい方、ご自分にとっての最善の治療方法を見つけたい方、現在の口腔内状態を正しく把握したい方はぜひ初診相談をお試しください。