食べものを噛む時に痛む

食べものをかむときに痛みがある場合は、下記の状態であることが考えられます。

・噛み合わせが悪い

噛み合わせがあっていない場合、食べものを噛むときに痛みが出ることがあります。 噛み合わせが原因の場合は噛み合わせの診断を行ったうえで矯正治療もしくは嚙み合わせの調整を行います。歯がない状態で噛み合わせが悪い場合はBrやインプラント、義歯などを作製します。 噛み締めや歯ぎしりがあるようなら、マウスピースの作製やボトックス治療を行います。

・歯周病になっている

歯周病が原因で痛みが出ている場合があります。30歳を超えている方には歯周病ドックをお勧めしております。
歯周病は動脈硬化、糖尿病の悪化、心筋梗塞、血管収縮性痴呆、早産など様々な病気の原因になったり、症状を悪化させる原因となります。 定期的な歯石の除去、クリーニングも重要です。
また再発リスクを低減するために、神谷町デンタルクリニックではパーソナル歯磨きレッスンを行っております。

・根の先の病気が再発している

過去に治療した虫歯や、根管治療を行った歯の病気が再発していることで噛んだときに痛みが出ているかもしれません。
根っこの治療は再発を繰り返すほどに治癒率が下がってしまうので、早期の治療の実施をお勧めいたします。
神谷町デンタルクリニックでは再発の少ない歯科治療と再発防止のための専門家によるメンテナンスを併せてご提供することによって、生涯の医療コストを削減し、より質の高い人生を長くお送りいただけますよう、患者様に貢献していくことをモットーとしております。


神谷町デンタルクリニックにご相談ください

神谷町デンタルクリニックでは、早く確実に治したい方や、いままで何度も再発してなかなか治らなかった方の為にマイクロスコープとCADを使った短期集中治療に特化した歯科治療をご提案しております。

歯は、気になる症状が治まっても、治ってるわけではありません。
特に、根管治療の場合は、再発を繰り返せば繰り返すほど、治りが悪くなってしまいます。残念ながら、日本の保険治療と同等レベルの治療の場合、根管治療は8割が再発すると言われています。

虫歯や歯周病、かみあわせなどのお口に関する悩みがある方、いままでの歯科治療が適切だったか知りたい方、セカンドオピニオンが欲しい方、ご自分にとっての最善の治療方法を見つけたい方、現在の口腔内状態を正しく把握したい方はぜひ初診相談をお試しください。