進む根管治療!ラバーダム・マイクロスコープを使うとどうなる?

2016.12.7

今、根管治療をマイクロスコープやラバーダムなどを使用して行う歯科医院が登場しています。どれくらい増えているかは定かではありませんが、より根管治療の成功率を上げるためにこれらのより高度な機械や方法で治療するという歯科医院があります。

これまで、根管治療を受けても、再度感染して炎症を起こすケースがありました。それを防ぐためにも、このような高度な根管治療法が注目を集めているようです。

そこで今回は、この進む根管治療において使用されるラバーダムやマイクロスコープの効果についてみていきましょう。

ラバーダムを使うと根管治療はどうなる?

ラバーダムとは、ゴム製の薄いシートのことです。これを口の周りにとりつけ、一部シートに穴を開けて金具で固定し、治療する部位だけを露出させて、他の口の中と隔離します。

歯科医師から見れば、これから治療する歯だけが見ている状態になります。なぜわざわざこのような状態にするのでしょうか。

その大きな目的が「唾液による感染の予防」です。口の中は湿っていて、唾液もでてきます。根管治療の際にラバーダムを使用することで、細菌を含む唾液が流れ込むリスクが低下します。それにより、治療中の感染、治療後の再発を防ぐことができるのです。

マイクロスコープを使うと根管治療はどうなる?

マイクロスコープとは、いわゆる顕微鏡です。通常の8~25倍にも拡大できます。根管治療で重要になることの一つに、根管の中の感染物質をしっかりと除去することがあります。ここの細菌感染した部分が完全に除去されていないと、また炎症が再発してしまうのです。

治療する部位を拡大して治療を行うことで、より精密に治療を行うことができ、失敗も防ぐことができます。

精密根管治療を受けるには?

このように、精密な根管治療を受けるには、これらを用いて治療している歯科医院を見つけることがまず第一歩です。

例えば、Googleで、「ラバーダム 根管治療」「マイクロスコープ 根管治療」などのキーワードで検索すれば、たくさんの歯科医院が出てきます。家や職場が近いなど、より通いやすい歯科医院へ問い合わせ、まずは症状を話し、費用などを聞いてみるといいでしょう。

現在、自費診療の根管治療を行っている歯科医院で、ラバーダムやマイクロスコープが使用されていることが多いです。

しかし、その費用は治療内容によって大きく変わってくるため、よく比較して確認してから歯科医院を決めるのをおすすめします。



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療