根管治療の期間と回数はどれくらい?

2016.12.7

歯科医院といえば、虫歯や歯周病などの治療がメインで、歯のクリーニングやホワイトニング、矯正などが行われているイメージがあります。このような中、「根管治療」というものもあります。これはとても高度な治療で、とくに歯の病気が重症化したときに行われるものです。

もし今、根管治療を受ける予定のある人、将来、受ける可能性があると不安になっている人は、根管治療がどれくらいの時間がかかるのかをみておきましょう。

根管治療はどうやって行うの?

根管治療とは、簡単にいえば、歯の根っこの管である「根管」を治療するものです。歯は上からエナメル質、象牙質があり、歯髄という神経が含まれているもので構成されています。この歯髄は、歯の根っこの先まで走っており、歯のふたまたに分かれる細い部分に管のようになって格納されています。

では、なぜこの根管を治療する必要が出てくるのでしょうか。

それは、根管に虫歯が及んだり、すでに過去に根管治療を行った経験がある場合に、再度感染したりすることがあるからです。そこで、根管についた虫歯菌などの細菌を除去して、清掃した後、薬を入れて消毒し、細菌が入らないようにします。これが根管治療の基本です。

根管治療は何回行うの?治療期間は?

この根管治療は、一般的に再治療の場合、2回以上に分けて治療すると成功率が上がるといわれています。治療の回数は、正しく治療が行われた場合、通常2~3回程度で済むといわれています。

根管治療は、基本的に神経を取ってから消毒し、薬を詰めて終わりです。しかし、治療回数が1回の人もいれば、3回の人もいます。この回数は治療する本数や1回の治療にかけられる時間にもよって変わってきます。

神谷町デンタルクリニックでは以下のことを徹底して行っているため、大抵の根の治療は通常2回で被せ物を装着することが可能です。

  • ラバーダムの使用
  • 正しく滅菌された器具
  • 該当歯の感染部位の確実な除去
  • 薬液による40分以上時間をかけた洗浄
  • 再発防止のための歯と化学的に接着する土台、被せ物の装着

ただし歯根吸収が著しい、根の湾曲が大きい、以前の根管治療の金属片が深く刺さっている、などの難症例においてはこの限りではありません。

根管治療が長引く理由とは?

一般的に根管治療が長引くのは、治らない方法を繰り返し、症状がなくなったところを治癒とするためです。
もちろん、また細菌に感染して症状が出れば、さらに治療が必要になり、治療期間が長引くことになります。

もしくは、何度も再発を繰り返して難治性になっている場合、どんどん治りが悪くなることがあります。

根管治療は、はじめから確実に治る方法で行っている歯科医院を選ぶといいでしょう。
見極めるのはなかなかむずかしいかもしれませんが、例えばラバーダム防湿法マイクロスコープを利用している精密根管治療に対応している歯科は安心といえます。

神谷町デンタルクリニックでは、ラバーダムとマイクロスコープを利用した精密治療を行っていることに加え、
完全個室制やエビデンスにかなった最善の設備で、徹底した衛生管理による再発防止の取り組みを行っております。

できるだけご自分の歯を長く残したい方、治療しても何度も再発を繰り返すなどお悩みの方は一度ご相談ください。

当院について
初めての方へ



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療