2016年12月07日

Image shows a dental jaw model with hand and different tools

ラバーダムを使った根管治療の手順を知ろう!

今、根管治療を成功させるために欠かせないといわれるのが「ラバーダム」というゴムのシートを使った方法です。ラバーダムは一応保険適用されるものの、実質無料の扱いになるため、日本ではそれほど多くの歯科医院では行われていないのが現実です。

しかし、精密根管治療を行っている歯科医院であれば、自由診療で受けられることもあります。

このラバーダムを使って根管治療を行う手順と、そのメリットとデメリットを確認していきましょう。

ラバーダムを使った根管治療の手順

ラバーダム防湿法を行う根管治療では、ラバーダムを先に取り付ける必要があります。ラバーダムとは、ゴムの膜のことで、このシート状の膜を口の周りに広げ、治療する部位を露出させて「クランプ」という金具で固定します。こうして治療はじめます。

このように、ラバーダムを使用した根管治療の特徴は、治療部位と他の部位を完全に隔離して治療を行うことです。そうするとどんなメリットがあるのかといえば、細菌が感染しにくくなることです。

細菌は、どこからやってくるかというと、実は「唾液」からが大きいです。綺麗なように見えて、実は、唾液には多くの細菌が含まれています。口の中には、細菌でいっぱいだからです。よって、治療中、他の部位に触れなかったとしても、唾液がわいてきてたれてしまえば、治療中に唾液が触れる可能性があります。これを防ぐのがラバーダムなのです。

ラバーダム防湿を使うことのメリット

ラバーダム防湿で根管治療を行うと、無菌的な状態で治療できるだけでなく、さまざまなメリットがあります。例えば、歯科医師が手で患者さんの口を押さえなくて済むので、両手が自由に使えることから、より精度が高く、丁寧な治療が実現するといわれます。

また、削った歯の粉末、薬などを吸引してしまう恐れ、治療器具を誤って飲み込んでしまうリスクも防ぐことができます。

ラバーダム防湿を使うことのデメリット

デメリットといえば、治療費が高いことがあります。というのも、日本国内では、ラバーダム防湿はほぼ自由診療で行われているからです。ラバーダム防湿を使用した歯科医院では、よくマイクロスコープと呼ばれる顕微鏡を用いた治療とあわせて実施していますが、このマイクロスコープとラバーダムを含めた根管治療の費用相場は10万円から100万円と高額です。

また、治療中は口がふさがれた状態なので、鼻呼吸を保つ必要があるため、鼻呼吸がむずかしい人はできないといわれています。

ラバーダムの手順はとてもシンプルなものですが、メリットとデメリットがあります。この点も踏まえて、検討しましょう。

短期集中歯科治療 東京なら 神谷町デンタルクリニック

診療時間
土 曜 10:00~14:00 15:00~17:00
平 日 10:00~14:30 16:00~19:00
休診日
木曜、日曜、祝日休診

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-11 虎ノ門三須ビル2F

✕ 閉じる