今すぐ確認、歯周病の症状チェックリスト

2016.12.7

歯周病は、歯の病気の中でも恐ろしい病気の一つです。生活習慣病とも呼ばれるほど、多くの人がわずらっています。恐ろしいといわれるのは、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性があることです。

まだ歯茎が軽度に炎症している程度でおさまっている人は、すぐに歯周病予防を行えば、防ぐことができるでしょう。

さあ、今から歯周病の症状をチェックしてみましょう!

あなたは歯周病?チェックリスト

歯周病のセルフチェックを行ってみましょう。日本臨床歯周病学会が紹介しているチェックリストです。

・朝起きたとき、口の中がネバネバする。
・ブラッシング時に出血する。
・口臭が気になる。
・歯肉がむずがゆい、痛い。
・歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
・かたい物が噛みにくい。
・歯が長くなったような気がする。
・前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
引用:日本臨床歯周病学会「歯周病のセルフチェック」
http://www.jacp.net/perio/about/

これらの8つの項目のうち、3つ以上当てはまった人は、油断をせず、予防のためにも歯科医院で一度診てもらうのがいいといわれています。

また、6つ当てはまった人は、歯周病が進んでいる可能性があるため、すぐに歯科医院を受診しましょう。

もし8つすべてあてはまるのなら、歯周病の症状が「かなり」進んでいるとされています。こちらもすぐに治療を受けましょう。

歯周病ってどうしてなるの?

これらの症状が少しでも出ている場合、歯周病の可能性があることが分かりました。ちょっと意外と感じた人は、日頃の歯磨きを思い出してみてください。きっと、思い当たる節があるはずです。

歯周病は、基本的に歯磨きが不十分だと起きやすいといわれています。食べかすだけでなく、歯垢やバイオフィルムというネバネバしたものが歯の表面にこびりついた細菌のかたまりまで除去しなければならないのです。これが歯茎に炎症を引き起こし、やがて歯の骨を溶かし始めます。

また、歯垢を放っておくと歯石に変わってしまい、自分では取れなくなり、どんどん歯周病が重度になっていきます。

歯周病の歯磨きだけじゃない原因

歯周病は、ただ歯磨きを怠るだけでなく、歯ぎしりや喫煙、ストレス、ホルモンバランス、合わない詰め物やかぶせものなどを使っていることなども、進行させる要因といわれています。歯磨きを徹底するほか、規則正しく健康的な生活やストレスとうまく付き合うことなども十分気をつける必要があります。

歯周病チェックリストに当てはまった数が多いなら、早期治療がおすすめです。



歯周病治療

歯周病治療

歯周病は歯の周りの組織(歯ぐき、歯槽骨など)の細菌感染症です。
正しい治療をしなければ、血液を通して全身のさまざまな臓器が細菌に冒され、全身の病気へと 進行する危険性があります。

神谷町デンタルクリニックの歯周病治療