ラバーダムってどんな器具を使うの?

2016.12.7

ラバーダム防湿法をご存知でしょうか。カタカナを並べられると、ちょっと首をかしげてしまう人も多いかもしれません。でも、このラバーダム防湿法は、とてもすぐれた歯科治療法の一つなのです。

そこで、このラバーダム防湿法の基礎知識と、使う器具について解説します。

ラバーダム防湿法とは?

ラバーダム防湿法とは、治療する歯以外を、ゴム製のシートでマスクのように覆い「かぶせることで、口の中の細菌や、唾液に含まれる細菌が治療する歯の部位に流れ込むのを防ぐことで、感染しにくくするための方法です。

特に、炎症してしまい、細菌に侵食されてしまった歯髄という歯の神経を抜いて、きれいに清掃し、後に消毒をして再感染を防ぐ「根管治療」において、大いに有効といわれています。

日本ではまだ一部の歯科医院でしか行われていないものの、アメリカではほとんどの歯科医院で行われている方法だといわれています。

■ラバーダム防湿で使う器具
このラバーダム防湿では、どのような器具が使用されるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

ラバーダム

ゴム製のシートです。薄い膜のようなもので、穴を開けて使用します。患者さんの口を覆います。

クランプ

治療する歯の周りを囲むようにして、ラバーダムを固定するための金具です。バネ上になっていて、金属の金具を歯に挟むようにして使用します。形は一つではなく、治療する歯によって選び分けられます。

フレーム

ラバーダムの膜をピンと張り巡らせるための金属や樹脂の枠です。

ラバーダム防湿は自由診療が多い

このラバーダム防湿は、根管治療の成功率が上がるものの、一方で、日本では保険の適用があっても実質無料となっています。そのため、ほとんどの場合、保険診療では使用されず、自由診療で行われています。

ラバーダム防湿は、平成20年に保険点数の項目が廃止になり、ラバーダム防湿を行っても、歯科医院は赤字になってしまうばかりになりました。「それくらい無料でやってくれてもいいのでは?」と思うかもしれませんが、ラバーダム防湿で使用する器具の価格や準備にかかる労力なども加味すれば、なかなか実施がむずかしいのが現実です。

ぜひ根管治療を受ける際には、確実に治療したいのであれば、ラバーダム防湿をぜひ積極的に受けたいものです。メリットも多く、丁寧な治療で、治療後も安心して生活ができるでしょう。

しかし、自費診療となることが多いため、費用的な負担が必要になることは覚えておいたほうがいいでしょう。費用は歯科医院によって大きく異なるため、必ず事前に確認してから治療を受けるのをおすすめします。



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。当院では、根の治療(根管治療)には、必ずラバーダムを使用いたします。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療