2016年12月07日

Dental Visit

ラバーダムを使う歯医者の根管治療法とは?

今、根管治療を受けようとしており、そして、「ラバーダム」という耳慣れない言葉について調べている人もいるかもしれません。よく、根管治療を受ける際には、「ラバーダムを使ったほうがいい」といわれますが、ラバーダムを使うとはそもそもどういうことなのでしょうか。

今回は、このラバーダムについてと、ラバーダムを使用する根管治療を受けたいときの歯医者の選び方をご紹介します。

ラバーダムを使う根管治療とは?

ラバーダムは、根管治療で重要な役割を果たす治療法の一つです。そこで、ラバーダムと根管治療の治療法について、分かりやすく解説していきます。

ラバーダムとは

ラバーダムとは、正式には「ラバーダム防湿」と呼ばれます。ラバーダム防湿とは、根管治療の際に、ゴムのシートのようなものを患者さんの口の周りに張り、治療する歯の部位だけを露出させて、治療する方法です。

このゴムのシートのことを「ラバーダムシート」と呼びます。そして、この方法を取ることにより、治療部位の湿度を下げる効果が得られることから「防湿」と呼ばれます。このラバーダムの大きな目的は、根管治療を行う歯に対して、唾液が入るのを防ぐことにあります。

なぜなら、唾液の中には、細菌が豊富に混ざっているため、感染する恐れがあるからです。軽度の虫歯治療や歯周病治療では、通常、このラバーダム防湿は使用することはないのにもかかわらず、なぜ根管治療では使用するのでしょうか。これについては、後ほど「根管治療とは」の項目で解説します。

ラバーダム防湿の必要性

ラバーダム防湿は、日本とは異なり、アメリカの根管治療では義務付けられています。

しかし、中には、ラバーダムがかけられない歯もあります。この場合どうなるのかというと、根管治療が施せないため、抜歯することになっています。それほど、アメリカではラバーダム防湿が根管治療に必要不可欠であると捉えられていることが分かります。

ラバーダム防湿は、日本では少数の歯医者でしか実施されていません。

なぜなら、ラバーダム防湿は、保険適用はされてはいるものの(一部の工程においては適用なし)、実際、保険診療で行うと、材料費や時間と手間のコストが既定の保険点数ではまかなえない現状があるからです。これが、ラバーダム防湿は、古くからある治療法でありながら、少数の歯医者でしか実施されない大きな理由と考えられます。

根管治療とは

根管治療とは、「根管」という歯根にある管に対する治療のことをいいます。

歯根には、「歯髄(しずい)」という神経が通っていますが、虫歯や歯周病などで歯髄が細菌感染を起こすと、他の組織に感染してしまう恐れがあるので、早急に除去しなければなりません。そこで、歯髄を除去する「抜髄(ばつすい)」を行います。

その後、歯髄が入っていた管を綺麗に掃除して、消毒をして薬を満たします。根管治療で、慎重に行わなければならないのは、この抜髄の後の、清掃・消毒です。ここでしっかり感染源を除去しておかなければ、再感染のリスクがあるからです。そこで、最も感染しやすい唾液からの感染を防ぐのがこのラバーダム防湿というわけです。

つまり、ラバーダム防湿を行うことで、細菌感染を防止することができるため、根管治療の成功率が上がり、再発のリスクも減ります。実際、ラバーダム防湿を使用した際の、根管治療の成功率は約90%以上といわれています。

ラバーダム防湿の手順

では、実際、ラバーダム防湿はどのような流れで行われるのでしょうか。おおまかな装着手順をみていきましょう。

1.クランプを選ぶ
まずは、治療を行う歯に取り付ける金属の金具を選びます。この金具を「クランプ」と呼び、ラバーダムシートを固定するために使用します。クランプは、治療する歯に合っていないといけません。もし微妙なズレがあれば、クランプを削るなどして調整を行います。

もし、クランプが装着できない歯の場合には、「隔壁(かくへき)」と呼ばれる、ラバーダムシートをかけるための壁を作ることがあります。

2.ラバーダムシートに穴を開けて装着する
適合するクランプが決まれば、ラバーダムシートを装着します。このとき、口の中に、排唾管という、唾を吸い出すための管を取り付けます。

ラバーダムシートは、パンチなどで穴を開け、クランプで該当歯に固定し、「フレーム」という四角い金属の枠に取り付けます。穴を開けた部分から、治療する歯だけが露出する形になります。

ラバーダムを付けた感覚は?

ラバーダムを装着するには、口がふさがれることから、きちんと鼻呼吸ができることが条件です。鼻呼吸が問題なければ、装着することができ、治療中も痛みはありません。麻酔しなくても痛くないです。もし痛みを感じるようであれば、遠慮せず歯科医師に申し出ましょう。

ラバーダムを使った根管治療の歯医者の選び方

では、このようなラバーダム防湿を用いた根管治療を行っている歯医者は、どのように選べばいいのでしょうか。

インターネットのGoogle検索やYahoo!検索などで「ラバーダム 歯医者 東京」などと自分の住んでいる地域の名称で調べれば、いくつか歯医者が出てくるでしょう。

このラバーダム防湿を用いて根管治療を行う歯医者は、基本的に自由診療で行っていることが多いため、治療費がかかることを念頭においておきましょう。成功率の高い根管治療を受けるための費用は、10~100万円となっています。

このことからも、きちんと条件を設けて、歯医者を選定する必要があります。そこで、めやすとなる選定基準をご紹介します。

ホームページなどで「ラバーダム防湿」を行っていると明記している

根管治療を行っている歯医者は多いものの、必ずしもラバーダム防湿を行っているとは限りません。事前にホームページを見て記載があるか、電話で聞いてみるかなどして確認しておきましょう。

マイクロスコープなどを使用した精密根管治療を行っているか

ラバーダム防湿を使用する歯医者は、感染の再発防止を徹底している医院であることが多いです。そのような歯医者であれば、おそらくマイクロスコープという歯科用顕微鏡で細部まで正確かつ丁寧に治療しているはずです。

ただし、「マイクロスコープ使用」というだけで選んでしまわず、再発防止のための施策はどのようなものを行っているか、滅菌の状況、実績など、トータルで信頼のおけるところを探すといいでしょう。

費用はどれくらいかかるか

ラバーダム防湿を率先して行う歯医者の場合、自由診療で行っているケースが多いです。

よって、根管治療そのものが、自由診療で、自費負担になります。通常の保険診療のつもりでかかると、高額の治療費に後から驚くことになってしまいます。歯医者によって大きく治療費は異なるので、必ず費用がどれくらいかかるのかを確認し、比較選定基準にしましょう。

精密検査を実施しているか

根管治療は、その歯の状態によって大きく対処法が変わってきます。今、どのような状態なのかを詳しく知るには、レントゲンやCTによる画像撮影診断が必要不可欠です。また、このような精密検査の後に、詳しい口腔内の状況を説明し、治療計画を立案する時間をしっかりと設けているかも重要な選定基準です。

ラバーダム防湿は、根管治療に欠かせない方法です。根管治療を受ける際には、信頼のおける歯医者を見つけて、自分がしっかりと納得した上で治療を受けるのを決断するのをおすすめします。

短期集中歯科治療 東京なら 神谷町デンタルクリニック

診療時間
土 曜 10:00~14:00 15:00~17:00
平 日 10:00~14:30 16:00~19:00
休診日
木曜、日曜、祝日休診

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-11 虎ノ門三須ビル2F

✕ 閉じる