2016年12月07日

Interior of modern dentist office

ラバーダム防湿法を行っている歯科の選び方

歯の根管治療に欠かせない、「ラバーダム防湿法」と呼ばれる方法。すでにアメリカなどでは当たり前のように行われている方法で、感染源となる唾液が入らないように防湿しながら、清潔で細菌感染をできるだけ遠ざけるために行うのが大きな目的です。

このラバーダム防湿法を行っている歯科医院は、日本では少数といわれます。歯科医院はどのように選べばいいのでしょうか?根管治療をより成功させたい方は、ぜひ検討してみてください。

ラバーダム防湿法とは?

ラバーダム防湿法とは、歯や口の周りにゴム状のシートを貼り、クランプと呼ばれる金属の金具で歯を固定してその部分だけ露出させた状態で治療を行うことをいいます。シートがピン張った状態になるように、金属の四角いフレームで固定します。

歯科医師から見ると、患者さんの口上に薄いシートが張られており、治療する歯だけが露出して、唾液などの影響を受けない状態になっています。

いつもは歯科医師が手で患者さんの口を押さえますが、その必要がないので、両手が使えることも、やりやすいメリットです。

もちろん、防湿・無菌状態に近づけることで、再感染のリスクを減らすことが一番の目的です。

ラバーダム防湿法を行っている歯科医院の探し方

このラバーダム防湿法は、保険適用はされてはいるものの、保険診療で行うと、材料費、手間、時間などのコストが保険点数では足りず、歯科医院は赤字になります。また、クランプをかけるための「隔壁」を作成することは、保険適用がされません。

ラバーダム防湿法は、古くからある方法ではあるものの、このような理由から、日本国内では保険治療ではなかなか実施されることがありません。

しかし、根管治療において、治療中の感染や、治療後の再感染を防ぐことは最も重要なこと。このラバーダム防湿法を行うと、根管治療の成功率が上がるといわれています。

一早くその重要性に気づいた歯科医院は、ラバーダム防湿法を取り入れています。この歯科医院を探すには、例えばインターネットのGoogle検索で、「ラバーダム 歯科」などのキーワードで検索すればすぐに出てきます。地域を絞って「東京」「渋谷」などにすれば、自宅や職場に近い歯科医院を見つけ出すことができます。

ラバーダム防湿法を行っている歯科医院の例

ある歯科医院では、根管治療はマイクロスコープと呼ばれる歯科用顕微鏡でしっかりと目で確認しながら細部まで丁寧に治療する方法を取り入れています。

さらに根管治療を成功させるために欠かせないといってラバーダム防湿を使用しています。根管治療において、細菌感染を防止できるため、安心して治療を受けられます。

ラバーダム防湿を希望している人は、ぜひこのように信頼できる歯科医院を探してみましょう。

短期集中歯科治療 東京なら 神谷町デンタルクリニック

診療時間
土 曜 10:00~14:00 15:00~17:00
平 日 10:00~14:30 16:00~19:00
休診日
木曜、日曜、祝日休診

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-11 虎ノ門三須ビル2F

✕ 閉じる