2016年12月07日

photograph of a bust of a woman surgeon holding a calculator

自費で根管治療をしたらどれくらいかかる?

歯髄(しずい)という歯の神経を取る「根管治療」で重要になるのは、いかに再感染させないかということです。そのためには、精密機器を用いて治療を行うことがあります。また、根管治療後の歯の土台やかぶせるクラウンの素材選びも、再発させないためには重要なことです。

しかし、保険診療内で行うと、どうしても制限が出てきてしまいます。そこで根管治療では自費診療で、より高い治療効果や結果、事後の安心を選択する方法もあります。

今回は、根管治療の自費診療についてみていきましょう。

根管治療には保険適用と自費がある

根管治療には、保険適用がされる治療と、保険適用がされない治療とがあります。また、歯の土台やかぶせものなども、保険適用・適用外の両方があります。

例えば、保険適用外の根管治療を行っている医院の場合、次のことを行っていることがあります。ただし、歯科医院によって異なる場合もあるので、必ず確認してください。

・マイクロスコープ使用(歯の根の中を20倍に拡大する顕微鏡)
・ラバーダム使用(治療中、菌が入らないようにする器具)
・MTAセメント使用(穴を埋める材料、歯根吸収のある根管治療に適用)
・感染根管を低濃度の次亜塩素酸とEDTAで十分に洗い流す(数十分以上かける必要があるため、十分な時間が必要)

保険適用と自費の治療はどう違う?

次に気になるのが、保険適用される治療と、保険適用されない自費での治療ではどのような違いがあるのかということです。

保険適用されないものがあえて行われる理由はなんでしょうか。

それは、保険適用される治療だけでは、海外で行われているエビデンスの高い治療法が行えないというのが大きいでしょう。また保険治療には、数十年前に決められて以来、ほとんど変わっていない治療もあります。

例えば、治療中、「ラバーダム防湿」というものを行うと、根管の中に菌を入り込ませなくさせることができるため、再感染・炎症が広がる可能性も減るのです。

アメリカの根管治療専門医での抜歯基準には「ラバーダムをかけられない歯」というものがありますが、日本の保険治療においては、ほとんどの場合ラバーダムは使用されません。

保険適用の根管治療は、数十年前に決まったまま変わっていません。保険で決められている使用薬剤には、発がん性のあるものやハウスシック症候群の原因となるものもあります。

保険適用と自費の治療、どう選べばいい?

基本的に、保険適用内での診療と自費診療は併用することができないため、根管治療を受ける際に決めなければなりません。

もちろん、保険適用範囲内でも根管治療は可能です。1回の治療の時間が短いのも特徴です。中には、マイクロスコープ使用が保険適用内の歯科医院もあります。決してこちらが悪いわけではありません。

しかし、成功率がより上がる、より丁寧に行われるのを求めるのであれば、保険適用外がいいといわれています。とはいえ、費用は高額になるため、事前にすべての費用を確認しておきましょう。

短期集中歯科治療 東京なら 神谷町デンタルクリニック

診療時間
土 曜 10:00~14:00 15:00~17:00
平 日 10:00~14:30 16:00~19:00
休診日
木曜、日曜、祝日休診

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-11 虎ノ門三須ビル2F

✕ 閉じる