2016年12月07日

Clock face and calendar composite

抜歯にかかる時間と期間はどれくらい?

一般的に、抜歯、つまり歯を抜かなければならないケースがあります。それは、虫歯や歯周病で痛みが強かったり、腫れや炎症がひどかったりするときです。

この抜歯をすることになったら、どれくらいの時間がかかるものなのでしょうか。会社帰りにサッと立ち寄って行えるものなのか心配になりますよね。また、どれくらいの期間、歯科医院に通わなければならないのかも気になるところです。

今回は、抜歯にかかる時間と期間をみていきましょう。

抜歯の手順

何らかの支障が出て、抜歯をすることになったら、どんな風に治療が行われるのでしょうか。

その抜歯の手順としては、大まかにいえば、麻酔をして歯周靭帯というものを切除するところから始まります。歯周靭帯とは歯根膜とも呼ばれるもので、歯の根っこと歯の骨の間に存在している線維状の組織のことです。これを切除してから抜かないと歯茎が傷つくことがあります。

そしてヘーベルというもので、てこの原理を用いて歯を持ち上げます。鉗子でつかんで引き抜いて歯を抜く工程は終わりです。その後、悪い組織は取り除いて、止血をして完了です。

1回の抜歯にかかる時間

では、これらの抜歯は、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。一般的には、10~15分といわれています。また、終わった後の消毒の時間を含めれば30分はかかるでしょう。

しかし、場合によっては、1時間以上かかるケースもあります。より複雑な抜歯は、それくらいの時間がかかってしまうのです。

抜歯にかかる期間は?

では、抜歯にはどれくらいに時間がかかるのでしょうか。

それは抜歯の方法によっても異なってきます。抜歯のとき、歯茎を切開するなら、手術後に縫い合わせるため、後に抜糸が必要になります。この場合、通院する必要があります。およそ一週間後に抜糸することが多いようです。

また、抜歯後の翌日に消毒をすることもあるので、その場合、最低3回の通院が必要になることがあります。

また、抜歯後、差し歯をする場合には、傷が治ったら作り始めることも多いといわれています。義歯の場合は、一ヶ月くらい待ってから作り始めます。抜歯にかかる時間と期間は、自分の歯の生え方や、術法によって大きく異なってきます。しかし、それを自分で選ぶことはなかなかむずかしいでしょう。

最も大切なのは、自分の状況に合った歯科治療を受けることです。信頼のおける歯科医院を探して、抜歯をぜひスピーディに、かつ、丁寧におこなってもらいましょう。もしある程度の時間がかかっても、ぜひ時間を確保するようにして、万全の抜歯を受けましょう。

短期集中歯科治療 東京なら 神谷町デンタルクリニック

診療時間
土 曜 10:00~14:00 15:00~17:00
平 日 10:00~14:30 16:00~19:00
休診日
木曜、日曜、祝日休診

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-7-11 虎ノ門三須ビル2F

✕ 閉じる