歯 抜きたくない!虫歯を抜歯する必要がある状態って?

2016.12.7

今、あなたは、ちょっと歯がしみたり、痛みを感じたりしているのかもしれません。でも、それが虫歯だとは思いたくないものですよね。虫歯かどうかを知るには、歯科医院に行って診てもらう必要があります。ただ、忙しいとどうしても後回しになってしまいますよね。

でも、虫歯は進行すると最終的には歯を抜かなければならなくなります。虫歯で歯を失うなんていやですよね。

そこで、虫歯を抜歯する必要がある状態についてみていきましょう。

虫歯が進むと抜歯が必要になるって本当?

「虫歯が進むと歯を抜く必要があるの?」その答えは、「抜く必要がある場合もある」です。

今、虫歯などで歯が病に侵されても、やみくもに歯を抜かず、できるだけ残そうという考え方が広がっています。よって、虫歯が進行したから、すぐに歯を抜きましょう、とはならないのが現状です。

けれど、虫歯が進行し過ぎると、もはや残された手段が抜歯だけになってしまうことがあります。そうならないためにも、できるだけ虫歯は早期発見・早期治療が肝心です。

虫歯はどんな状態になると抜歯が必要になるの?

では、虫歯はどんな状態になると抜歯が必要になるのでしょうか。

一般的に、虫歯が進行し、すでに歯が溶けてなくなり、失われてしまっており、歯の根っこだけになった状態が考えられます。こうなると、歯を支える骨にまで細菌が感染してしまい、歯茎の痛みや腫れが起きることもあるため、抜歯したほうが良いこともあるようです。

抜歯に至らないように虫歯に気づいたらすぐに受診を!

このように、重度の虫歯になると、抜歯が必要になることがあります。虫歯の進行を食い止めることは、この抜歯だけでなく、あらゆるメリットがあります。

例えば、痛くなったり、腫れたりしてものが食べにくくなったりすることを未然に回避し、極力痛みを軽減させることができるのは、一番のメリットではないでしょうか。

また、虫歯が進行するほど、それだけ治療に時間も費用もかかるため、いいことはありません。

虫歯には進行度合いがあります。初期の虫歯は痛みやしみるなどの症状がない、もしくは軽いことが多いので、この時点ではブラッシングやフッ素・ミネラル塗布などでケアすることもできます。歯が溶かされ、穴が空いてしまったら、虫歯部分を除去して詰め物で補うだけで済みます。このくらいまでにとどめておきたいものです。

これ以上進むと、虫歯が神経に達して痛みやしみる症状が強くなり、ズキズキ激しく痛むこともあるからです。

ぜひ虫歯は、早めの対処をして、抜歯に至らないようにするのをおすすめします。