ラバーダムを使った根管治療の費用は?

2016.12.7

ラバーダムを使って根管治療をすると、無菌的な状態で治療することができるため、より根管治療が成功しやすくなるといわれています。

しかし、ラバーダム防湿を伴う根管治療は、時間やコストがかかるという理由から、自由診療で行われていることが多く、費用は自己負担になることがほとんどです。

もともと、根管治療は、通常の治療よりも時間もかかり、大掛かりなものになることもあるので、どれほどの費用がかかるのかが不安ですよね。そこで、ラバーダムを使った治療ではどのくらいの費用がかかるのかをみていきましょう。

世界的に普及するラバーダム防湿

ラバーダム防湿を使った方法は、日本ではまだ普及がそれほど進んでおらず、約5~10%以下の歯科医院にしか普及していないといいます。

しかし、日本以外の先進国では、歯科医師の約90%以上が使用しているといわれている、大変、普及度の高い治療法です。

このラバーダムが世界的に使用されている理由は、やはり歯の治療の成功率が非常に高いといわれている点です。成功率が約90%といわれることもあるくらいです。むずかしいといわれる根管治療を受ける場合には、ラバーダム防湿を取り入れている歯科医院で治療を受けるのが、治療後のことも含めて、長期的に見ても、賢明と考えられます。

ラバーダム防湿使用はほぼ自由診療

しかしながら、日本では保険診療で行われてるケースはまれです。ラバーダム防湿は、一応保険適応される治療法ですが、ほぼ保険診療では行われていません。

なぜなら、保険診療でラバーダム防湿を使用した場合、時間とコストが問題となり、完全に赤字になるからです。

また、「隔壁(かくへき)」と呼ばれる、歯にラバーダムをかけるためのとっかかりを作る必要がある場合、この「隔壁作成」は保険治療では考慮されていません。これも、ラバーダム防湿を保険診療で行いにくい理由です。

ラバーダム防湿を使用した歯科医院は、根管治療を徹底しているところが多いため、よくマイクロスコープと呼ばれる顕微鏡を用いた治療とあわせて自由診療で実施しています。このマイクロスコープとラバーダムを含めた根管治療の費用は、医院によって大きく異なり、10万円から100万円と幅があります。

もしラバーダム防湿を用いた根管治療受けたい場合、精密根管治療を行う歯科医院を訪ねるのがいいでしょう。

しかし、基本的に自由診療となるため、医院によって大きく費用の差があります。事前によく治療内容と費用を確認しておきましょう。



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療