根管治療で土台を作った後の「仮歯」は必要?

2016.12.7

歯の神経である「歯髄(しずい)」が炎症・感染を起こしたときに行われる根管治療(こんかんちりょう)。歯髄を取った後、かぶせものをしますが、その前に土台を立て行います。

しかし、一般的に人工物の歯をかぶせるのには時間がかかります。そこで必要になるのが「仮歯」です。神谷町デンタルクリニックでは、CADでセラミッククラウンを作成できるため、当日に人工物の歯が完成します。つまり、仮歯が必要ないこともあるのです。

今回は、この仮歯が必要になる場合について、仮歯の役割とできるまでの期間や仮歯を使うとどのような生活になるのかをみていきましょう。

根管治療の流れ

根管治療のメインは、歯髄や根の中の感染を取ることですが、神経を取った後、歯はがら空きです。このままでは当然、食生活に支障をきたしたり、他の歯にも悪影響が及んでしまったりするため、人工の歯をつくり、埋めるのが一般的です。

まずはなくなった神経の部分の上に土台を作ります。土台には、1に歯の補強、2に根管内に細菌が侵入しないように封鎖することの2つの意味があります。

その上に「かぶせもの」と呼ばれる人口の歯を埋めます。この歯を埋めたら、人工の歯ができるまで、「仮歯期間」というものが設けられることがあります。ただし、神谷町デンタルクリニックでは、セラミックの歯の場合、CADで1日で作ることができるので、土台の後の仮歯の期間がない場合もあります。(一般的に、多数歯にわたる審美治療などの場合は仮歯の期間をもうけることがあります。)

根管治療で仮歯期間がある場合

仮歯とは、文字通り、仮の歯のことで、本歯を入れる前に装着して、一度生活をしてみるものです。

仮歯は人工の歯ができるまでの期間、見た目が良くなる、ものがかめるようになるのはもちろん、感染を防いだりかみ合わせが変わるのを防いだり、隣の歯が移動したりすることを防げます。

また、審美治療においては、唇とのバランスをみたり、横顔のチェックを行うこともあります。

仮歯期間に注意したいこと

では、この仮歯期間、どうやって過ごせばいいのでしょうか。基本的には、仮歯なので、あまり無理な使い方は避けるのがいいでしょう。

例えば、わざと硬すぎるものを噛んでみたり、キャラメルソースのような、歯にべたっとくっついて取れないようなものを口にしたりすると、まれに取れてしまうことがあるといわれています。また、欠けたり、折れたりすることもあるので、十分に注意しましょう。

歯ブラシは普通にしていいですが、糸ようじやデンタルフロスなどを使って、丁寧に食べかすや歯垢を取ることも心がけましょう。

もし普通に使っていても仮歯が取れてしまったら、間違って飲み込んでしまう恐れもあるので、すぐに歯科医院に持って行きましょう。ただ、もし、飲み込んでしまっても、心配ない材料のものを使用しているので、そこまであわてる必要はありません。

仮歯期間は、過ごしにくい反面、本歯のためのテスト期間です。何か気が付いたこと、かみ合わせの悪さや高さなど希望を書き留めておき、本歯を作ってもらうときに希望として出すといいでしょう。

仮歯期間は、何かと気を遣って大変なものです。その大変さを回避したい方は、仮歯期間のない(もしくは短い)神谷町デンタルクリニックで治療を受けるのをおすすめします。



ラバーダム

ラバーダム根管治療

根管まで達した虫歯に対し、歯をできる限り残すために行う治療が「根管治療」です。
根管治療にはより精密な治療や、感染予防が重要となります。

神谷町デンタルクリニックのラバーダム根管治療